DMM Mobileに15GBプラン、20GBプラン追加。音楽定額配信サービスも安心

Apple Musicがリリースされ、聞き放題の音楽定額サービスが本格化してきました。

そこに、切り札が登場です。

DMM Mobileに15GBプラン、20GBプラン追加。音楽定額配信サービスも安心

001

音楽定額サービスを利用する場合に問題になってくるのが、データ通信量。

定額で聞き放題なので、ガンガンいろんな曲を聴きたいところですが、データ通信の制限がかかってしまうとせっかくの聞き放題サービスも台無しです。

そんな時にデータ量を気にせず通信できるプランだと安心ですよね。

追加された大容量プラン

今回DMM Mobileに追加された大容量プランは以下の2つ。

  • 15GBプラン 4,570円/月から(データのみ) 5,270円/月から(通話機能あり)
  • 20GBプラン 6,090円/月から(データのみ) 6,790円/月から(通話機能あり)

どちらのプランも下り最大225Mbps、上り最大50Mbpsという通信速度です。

もちろん、シェアコースもありますので1契約で最大3枚のSIMカードを持つことができます。

値段的には、10GBの2,250円がお得なんですが、データが足らなくなった場合の追加費用が、1GB 2,000円(現在はキャンペーンで1,100円)なので、不安であれば15GBプラン、もしくは、20GBプランにするのもいいですね。

これだけデータ量があればテザリングも安心してできますし。

ライトプラン、1GBプランの値下げも

ちなみに今回は

  • ライトプランの追加
  • 1GBプランの値下げ

も同時に行われていますので、ちょっとご紹介。

ライトプランは、最大通信速度は200Kbpsで、一応※制限なしというもの。

※一応と言うのは、3日間の通信量が合計366MBを超えると通信速度が制限される場合があるためです。

そして、1GBプランは660円から630円への値下げを行っています。そもそも、660円でも業界最安値だったはずですが、さらに下げてきたわけです。

しかも、他社より1円でも基本料金が高かった場合はさらに安いプラン料金を提案するという、どこかの家電量販店みたいな話まで飛び出しています。

DMMグループならではのグイグイくる感じが、この格安SIMでも実践されている感じです。

通信速度低下などの品質は大丈夫なのか?

そうなると、ちょっと品質とか大丈夫かしら?と思っちゃいますが、

“価格を下げても通信や通話の品質はそのままに!”

と言ってますので、もし、契約して「話が違うんじゃない?」と感じた時はガンガン言えるという強み(いや、出来れば安定した品質でクレーム言うことがないようにしてほしいですが)もあるので、そこもまた安心と言えば安心ですね。

とにかく、安いことは間違いなく、格安SIMカードの最有力候補でしょうね。

詳細は↓こちらから↓

DMM mobile

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です