格安SIMが使えればスマホの料金を確実に安くすることができます

格安SIMが使えれば、間違いなくスマホ料金を安くすることができます。

001

たとえば、docomo等だと月額6000円以上もかかる通信費ですが、格安のSIMを使うと月額1000円以下ということも。

一度、検討してみる価値はあると思います。

月額1,000円以下の格安SIMでは、大体月に2GBから3GBくらい利用できます。

2GBとか、3GBって結構な量です。

音楽をダウンロードしたり、動画を頻繁に見ている場合はたらなくなるかもしれませんが、メールやWebページの閲覧程度であれば十分です。

どうしても、LTEの高速通信を使いきった後は通信速度が低下しますが、たとえ制限されたとしても、動画などの重い処理をのぞけば、大方のアプリ、ネット検索・閲覧などは利用できますので、困ることはありません。

平常時の通信速度はどうなんでしょう。

一般的には帯域が太い場合には、ユーザーが一気に増えたとしても、速度が低下しにくく、ネットワーク設備がキチンとしていれば、安定したデータ処理ができるので利用者が多い時間帯でも通信速度の低下は発生しづらい、と言われています。

このような状況からMVNOを選ぶ場合は、料金だけでなく安定したサービスを提供出来るMVNOを選択した方が良いことが分かります。

そもそもSIMとは、docomoでは、UIMカードau(KDDI)では「au ICカード」、Softbank MobileではUSIMカードと呼ばれている小さいICカード(SIMカード)のことです。

スマホ、タブレットに、大手携帯会社のものではなく、格安 SIMを入れて使うと、通信料が安く済むので、最近注目されるようになっています。

NTTドコモ、KDDIなども格安SIMへ参入してきています。

格安 SIMがよくわからない人や、安定したサービス水準の格安SIMをお探しの方などは、ドコモやauが提供している格安SIMを選択するというのもありだと思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です