iPhoneで使えるSIMカードとは?格安SIMならDMM mobileがおススメの理由

iPhoneで使える格安SIMカードを探しているのであれば、DMM mobileがおススメです。

その理由とは圧倒的な価格だけじゃぁないんです。

iPhoneで使えるSIMカードとは?格安SIMならDMM mobileがおススメの理由

image

iPhoneを使っているなら格安SIMカードのことが気になるんじゃないでしょうか。

iPhoneを使ってる人の大半がドコモ、au、ソフトバンクの大手3大キャリアの人がほとんどだと思います。

残念ながらau、ソフトバンクの人はそのままでは使えないのですが、ドコモの人って実はそのまま格安SIMに乗り換えることができちゃうんですよね。

意外に知らずに損している人が多いので、どれだけスマホ代が安くなるのか、ざっくりですが見てみましょう。

料金の違いをチェックする

ドコモの料金プラン(カケホーダイライト)

5GB:7,560円

8GB:9,396円

DMM mobileの料金プラン(通話タイプ)

1GB:1,260円

2GB:1,470円

3GB:1,500円

5GB:1,970円

7GB:2,560円

8GB:2,840円

10GB:2,950円

15GB:5,270円

20GB:6,790円

※ライトというプランもあるのですが、高速通信ができないプランなので除外しました。

どうですか?この圧倒的な違い。

5GBのプランで、5000円の削減ができちゃいます。

注意点

一応注意点があって、DMMの場合は通話はし放題とかではありません。

30秒で20円かかります。

しかし、どうして、30秒って単位で表現するんでしょね。

1分40円。5分で200円。10分だと400円かかります。

通話を頻繁にする人は注意が必要です。でも、知り合いや家族だったらラインで通話もできちゃうのであまり気にならないと思いますが。

料金だけじゃないDMM mobile

DMM mobileの最大の魅力は料金ですが、アプリも結構いけてます。

DMM mobileアプリは、

  • 高速データ通信の残量をグラフで確認できる
  • 追加で高速データ通信量をアプリで直接チャージ購入できる
  • 高速データ通信のON/OFFに変更できる
  • 請求内容をいつでも確認できる
  • 契約高速データ通信の残量を通知設定できる

というなかなかのすぐれもの。

他の格安SIM業者と料金では大きな差がないとしたら、こういった付加価値で選択することになりますね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です